現在の登録パソコン用語数3,976語

フェイルセーフ 【 fail safe
フェールセーフ / フェイルセイフ

フェイルセーフ とは、コンピュータなどの装置やシステムにおいて、故障、操作ミス、設計上の不具合などの障害が起きることをあらかじめ想定し、起きた際の被害を最小限にとどめるような安全工夫をすること、もしくはそのような信頼性のある設計手法のこと。 「フェールセーフ」「フェイルセイフ」とも言います。

装置やシステムは必ず障害が起きるということを前提にした設計思想で、例を上げると、石油ストーブが外的要因で転倒すると自動的に火が消える安全装置などがあります。




参考になった2参考になった方はボタンを押してください  


フェイルセーフ についての説明 4件

フェイルセーフとは - IT用語辞典 Weblio辞書
フェイルセーフとは?IT用語辞典。 あるシステムが,起こりうる障害(誤作動や誤操作)に対して安全な方向に動作すること。また,それを実現しようとする設計(思想)のこと。石油ストーブで転倒に備えて自動消火装置を備えること ...

フェイルセーフ - Wikipedia
フェイルセーフ(フェールセーフ、フェイルセイフ、英語: fail safe )とは、なんらかの装置・システムにおいて、誤操作・誤動作による障害が発生した場合、常に安全側に制御すること。またはそうなるような設計手法で信頼性設計の ...

職場のあんぜんサイト:フェールセーフ[安全衛生キーワード]
フェールセーフとは、システム又はこれを構成する要素が故障しても、あらかじめ定められた安全側の状態に固定し、作業者の安全を確保する考え方をいいます。

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)