現在の登録パソコン用語数4,111語

C言語(シーゲンゴ) C Language
C / シー

C言語とは、構造化、手続き型言語の1つで、手続き(処理手順)がすべて関数で記述される高級言語です。

1972年、米国AT&Tベル研究所のDMリッチ―がUNIX OSをつくるために、B言語の影響を受けて開発したプログラミング言語です。1978年、リッチ―とBWカーニハンが「The C ProgrammingLanguage(プログラミング言語C)」を出版して一般に広まりました。1989年、ANSI(米国規格協会)の規格となり、標準化されました。

C言語は「システム記述言語」とも言われますし、単に「C(シー)」と言われることもある。

制御文演算子によって関数を構成し、関数の集合としてプログラムをつくるようになっています。アセンブラ言語と比べると処理系に依存しない部分が多いので移植性の高いプログラミングが可能です。

また基本処理をライブラリ化して、それらを再使用できるために開発効率が高くなります。

C言語は本来コンパイラ言語で、その処理系を「Cコンパイラ」と言います。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


C言語についての説明 2件

C言語 - Wikipedia
C言語(シーげんご)は、1972年にAT&Tベル研究所のデニス・リッチーが主体となって開発したプログラミング言語である。英語圏では単に C と呼んでおり、日本でも文書や文脈によっては同様に C と呼ぶことがある。

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)