現在の登録パソコン用語数4,043語

ドットNET(ドットネット) .NET
.NET / Microsoft.NET

ドットNETとは、米国マイクロソフトMicrosoft)社が2000年7月に発表した、アプリケーションをネットワーク中心のサービスとして提供するプラットフォーム。同社のWindows DNA戦略をさらに進化させたもので、Microsoft.NET戦略の中心となっています。

Linux等、無償でアプリケーションを配布する動きが活発化していることに対して、WindowsやOffice等の製品を、インターネット上の共通プロトコルを使って、各製品が同一の操作感覚で使用できるシームレスに提供しようというものです。

.NETの目指すところは、OSハードウェアに依存せずに動作するマルチプラットフォームに対して、複数のツールで開発されたアプリケーションを、統一されたフレームワーク(動作環境)で実行することと言えます。

広義の意味としては、マイクロソフト社の「製品」「技術」「ガイドライン」「指標」を指すこともあります。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


ドットNETについての説明 2件

.NET Framework - Wikipedia
Microsoft .NET Framework(マイクロソフト ドットネット フレームワーク)は、マイクロソフトが開発したアプリケーション開発・実行環境である。 Windowsアプリケーションだけでなく、XML WebサービスやウェブアプリケーションなどWebベース ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)