現在の登録パソコン用語数4,061語

AR(エーアール) augmented reality
拡張現実 / オーギューメンテッドリアリティ

ARとは、現実世界の物事に対してパソコンによる情報を付加すること。もしくは、情報が付加された世界のこと。

仮想現実バーチャルリアリティ)と現実を結びつけるテクノロジーです。

仮想現実が現実にないものを、パソコンを使用してそこにあるかのように知覚させる技術であるのに対して、拡張現実は現実に存在するものにパソコンが情報を加え、さらに強く知覚させる技術です。

拡張現実、オーギューメンテッドリアリティとも言います。

ヘッドマウント型のディスプレイ上に該当する作業のマニュアルが表示されるシステムや、カメラで写した該当箇所の建物や店などの情報が、エアタグと言われる方式で表示されるスマートフォン向けアプリセカイカメラなどが実用化されている。

さらに手術の際に患者のリアルタイムデータや手術部分の拡大画像、過去の症例データなどを医師に表す医療システムなどの応用が考えられている。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


ARについての説明 3件

拡張現実 - Wikipedia
拡張現実(かくちょうげんじつ、英: Augmented Reality 、アグメンティッド・リアリティ、AR)とは、人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉。

ARとは - はてなキーワード - はてなダイアリー - 写真・画像 ...
「AR」とは - Augmented Reality の略記。日本語にすると、「拡張現実」。 ディスプレイに映し出した画像に、バーチャル情報を重ねて表示することで、より便利な情報を提供する技術。 精細なディスプレイとカメラを...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)