現在の登録パソコン用語数3,872語

HSPA(エイチエスピーエー) high speed packet access
3.5G

HSPAとは、NTTドコモなどが採用している第3世代携帯電話3G)のデータ通信規格「W-CDMA」の改良版として高速化した規格。3G方式の改良版であることから「3.5G」とも言います。

HSPAには、下り方向(基地局端末)の通信規格HSDPA(High Speed Downlink Packet Access)と、上り方向(端末基地局)の通信規格HSUPA(High Speed Uplink Packet Access)があります。

HSDPAは通信速度を従来の3Gの最大2Mbps程度から14Mbps程度(理論値)まで高速化できます。

HSUPA※は従来の最大数百Kbpsから最大5.7ー5.8Mbps程度(理論値)まで高速化できます

※HSUPAは「拡張された上り通信」と言う意味の「Enhanced Uplink」の頭文字をとって「EUL」と言う場合もあります 。

また3GPP (third generation partnership project) Release7にて、HSPA Evolution としてさらなる高度化が行われました。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


HSPAについての説明 5件

HSPA - Wikipedia
HSPA (High Speed Packet Access) は、W-CDMAを拡張した高速パケット通信規格である。第3世代移動通信システム (3G) に対して、第3.5世代移動通信システム (3.5G) と位置づけられている。 下りの高速化をHSDPA (High-Speed ...

HSPA とは - IT用語辞典 Weblio辞書
HSPA とは?IT用語辞典。 フルスペル:High Speed Packet AccessHSPAとは、第3世代携帯電話(3G)のデータ通信規格「W-CDMA」を拡張して高速化した規格のことである。HSPAは、下り方向(ダウンリン...

HSPAとは (High Speed Packet Access): - IT用語辞典バイナリ
HSPAとは、第3世代携帯電話(3G)のデータ通信規格「W-CDMA」を拡張して高速化した規格のことである。HSPAは、下り方向(ダウンリンク)の通信規格であるHSDPA(High Speed Downlink Packet Access)と、上り方向 ...

Mobile:高速版W-CDMA「HSDPA」とは何か
高速版W-CDMA「HSDPA」とは何か 次世代のW-CDMAとして、高速パケット通信「HSDPA」という言葉がしばしば出てくるようになった。海外でHSDPAのデモを行ったノキアにHSDPA、およびW-CDMAとUMTSの違いなどを ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)