現在の登録パソコン用語数3,872語

IrDA(アイアールディエー) infrared data association


IrDAとは、1993年に設立した赤外線を使った近距離データ通信の技術標準を制定する協会団体、もしくはその協会団体が制定する赤外線通信規格のこと。

ノートパソコン携帯電話PDAなどの異なる機種間での赤外線デバイスの利用や低価格化などでの普及を目指しています。

双方1対1で高速なデータ通信を行う「IrDA DATA」と、周辺機器との接続など複数台の機器と双方向に通信を行う「IrDA Control」があります。ちなみに携帯電話などで利用されているのは主に「IrDA DATA」です。

現在の主なIrDA DATAは1.0から1.4までの4種類の規格があり、デジタルカメラパソコン、携帯電話などで利用されていて、最新の1.4規格では1.0mまでの距離内で16Mbpsまでの通信が可能です。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


IrDAについての説明 3件

IrDA - Wikipedia
IrDA(アイアールディーエイ、 Infrared Data Association )は赤外線による光無線データ通信を規格化している団体であり、またその規格そのものの名称である。特に規格に関しては、 IrDA DATA と呼ぶ。

IrDAとは - IT用語辞典 Weblio辞書
IrDAとは?IT用語辞典。 〖Infrared Data Association〗 赤外線を使ってデータ転送を行うための規格を制定する団体。1993 年設立。また,この団体によって標準化されたデータ通信方式。 >>『三省堂 大辞...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)