現在の登録パソコン用語数3,938語

インフラストラクチャーモード【 infrastructure mode
インフラストラクチャー

インフラストラクチャーモードとは、IEEE 802.11無線LAN動作モードの1つで、基地局を経由して各端末が通信を行う方式です。

インフラストラクチャーモードの基地局は有線LANとのブリッジの役割を果たすことがあり、この基地局をアクセスポイントと言います。

一方、基地局を経由せず、端末同士が直接通信する方式を「アドホックモードad hoc mode)」もしくは「インディペンデントモードindependent mode)」と言います。

アドホックモードの場合、基地局は無線LAN上ではブリッジの役割を果たします。これによりアドホックモードでは相互に通信できない距離にある2つの端末同士の通信が可能になります。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


インフラストラクチャーモードについての説明 3件

インフラストラクチャー・モード - Wikipedia
インフラストラクチャー・モード(infrastructure mode) は、IEEE 802.11 無線LANの動作モードのひとつで、それぞれの端末に設置された無線LANのアダプタが、ネットワークを統括する「アクセス・ポイント ...

インフラストラクチャーモードとは - ネットワーク用語 Weblio辞書
インフラストラクチャーモードとは?ネットワーク用語。 無線 LAN の接続方式の一。中継拠点(無線アクセス-ポイント)を介して,複数の情報機器を無線接続するもの。パソコンどうしの相互通信やインターネットへの接続などに ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)