現在の登録パソコン用語数4,005語

Webセーフカラー(ウェッブセーフカラー) web safe color


Webセーフカラーとは、Webブラウザ上で色を再現する際、色調の違いが起きない6段階のRGBの組み合わせによってできる216色(6×6×6)の基本カラーの総称。光の3原色を基本に共通色を定め、安定した色の再現を実現します。

1994年に米国Netscape Communications社が提唱しました。

Web上でカラー画像などを表示すると、閲覧者のコンピュータ環境によって正しく色が再現されないことがあります。

そこでNetscape社は、最低限必要と思われる216の色を選定し、同社のWebブラウザである「Netscape Navigator」で閲覧すれば、OSやコンピュータなどの環境が違ってもこれらの色が必ず表示できることを保証しました。

なお、OSによるガンマ値の違い、モニタの個体差、制作上の環境と実際に閲覧する際の環境の違いなどによって若干の色調の違いがある場合もあります。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


Webセーフカラーについての説明 2件

ウェブカラー - Wikipedia
この項目では色を扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。 ... ウェブカラー(英: Web colors )の記事では、ウェブ技術等における色の扱い等について解説する。

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)