現在の登録パソコン用語数3,872語

eSATA(イーサタ) external Serial ATA


eSATAとは、パソコンにシリアルATA対応の外付けハードディスクなどを接続するためのインターフェース規格。シリアルATA規格の1つでハードディスク光学ドライブパソコン外付け接続できます。

誤った接続を防ぐため、内蔵機器向けの通常のSerial ATAとは端子の形状が異なり、ケーブルなどは同じ接続はできません。

USB2.0よりも高速で最高150MB/sの通信が可能で、100MB/s以上で読み書きするハードディスクの速度に対応できるため期待されましたが、同じ高速対応可能なUSB3.0の方が広く普及してきています。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


eSATAについての説明 3件

シリアルATA - Wikipedia
通称ないしは略記 保証されている帯域幅 (Mbit/s) 最大転送速度 (MByte/s) [9] 最大ケーブル長 (m) 電源供給 チャンネル毎の最大デバイス数 SATA 3.0 6,000 600 [10] 1 No 1 [11] SATA 2.0 3,000 300 [10] SATA 1.0 1,500 150 [10] 1 eSATA

eSATAとは - IT用語辞典 Weblio辞書
eSATAとは?IT用語辞典。 フルスペル:External Serial ATA, External SATA読み方:イーエスエーティーエー別名:エクスターナル・シリアルATAeSATAとは、パソコンのインターフェース規格であるシ... eSATAとは?

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)