現在の登録パソコン用語数3,939語

ピアツーピア方式【 peer to peer LAN
P2P

ピアツーピア方式とは、ネットワーク構築形態の1つ。サーバーを中心にした接続ではなく、複数のコンピュータをそれぞれ対等な立場で置く接続方式。




参考になった0参考になった方はボタンを押してください  


ピアツーピア方式についての説明 4件

Peer to Peer - Wikipedia
Peer to Peer(ピア・トゥ・ピア または ピア・ツー・ピア)とは、複数の端末間で通信を行う際のアーキテクチャのひとつで、対等の者(Peer、ピア)同士が通信をすることを特徴とする通信方式、通信モデル、あるいは、通信技術の一分 ...

【ピアツーピア】
【ピアツーピア】 P2P Peer to Peer コンピュータ・ネットワークの形態というか方式を表す言葉のひとつ。 普通のオフィスに導入されているLANは、クライアントサーバーシステムという方式が多い。ピアツーピアは、どちらかといえば ...

Wi-Fi Directとは 「Wi-Fiダイレクト」 ワイファイダイレクト: - IT ...
Wi-Fi Directとは、Wi-Fiアライアンスが認定する無線通信規格(Wi-Fi)のうち、通常のWi-Fiの接続方式で用いられるアクセスポイントを必要とせず、端末が直接接続してデータをやりとりできる規格のことである。Wi-Fi Directは、ソフトウェア ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)