現在の登録パソコン用語数4,043語

RS-232C【 recommended standard 232c


RS-232Cとは、1969年に米国電子工業協会(electronic industries alliance)によって発表されたパソコンインターフェース規格。この企画は50フィート(約15m)以内の距離で20kbpsの速度でデータ送信が可能です。通常はパソコン本体の裏側にある25ピンもしくは15ピンのRS-232Cコネクタモデム等の通信機器を接続して使います。現在は更に高速化になったRS-423Aや距離が延びたRS-422Aという規格もあります。




参考になった0参考になった方はボタンを押してください  


RS-232Cについての説明 2件

RS-232 - Wikipedia
RS-232 (英語: Recommended Standard 232) は、シリアルポートのインターフェース規格である。基本的にはホストコンピュータや端末といった「データ端末装置」と、モデムなどの「データ回線終端装置」を繋ぐものとして設計されたが ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語

通信規格の種類

規格
速度
距離
RS-232C
20kbps
15m以内
RS-422A
10kbps
.54km以内
RS-423A
300kbps
500m以内

ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)