現在の登録パソコン用語数4,042語

ツイストペアケーブル【 twisted pair cable
より対線

ツイストペアケーブルとは、細い2本の線をより合わせて1対にしたケーブルのこと。単純な構造で取り回しが容易、低コストですがノイズや伝送距離の制約があります。ノイズを遮断するシールドがないものをUTPunshielded twisted pair)、シールドがあるものをSTP(shielded twisted pair)と呼ぶ。ISDNLANケーブルで使う4ペア8芯の他、建物の先行配線や電話等の屋外配線では24対、50対、100対等が使われています。




参考になった0参考になった方はボタンを押してください  


ツイストペアケーブルについての説明 4件

ツイストペアケーブル - Wikipedia
ツイストペアケーブル(Twisted pair cable、ツイステッドペアケーブル)は、撚り対線(よりついせん)とも言い、電線を2本対で撚り合わせたケーブルである。単なる平行線よりノイズの影響を受けにくい。TPケーブルと言う場合もある。

ツイストペアケーブルとは - ネットワーク用語 Weblio辞書
ツイストペアケーブルとは?ネットワーク用語。 銅線を2本ずつ撚り合せて対にしたケーブルのことで、撚り対線ケーブルともいう。シールドなしのUTP(Unsheelded Twisted Pair)とシールドありのSTP(Sheelded Twiste...

【ツイストペアケーブル】
【ツイストペアケーブル】 より対線ケーブル 同軸ケーブル ツイストペアケーブルは本来、2本の銅線をより合わせたケーブルのこと。日本語では、「より対線ケーブル」という。2本の銅線をより合わせることで、中を流れる電気信号 ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)