現在の登録パソコン用語数4,102語

ハブ・アーキテクチャ【 hub architecture


ハブ・アーキテクチャとは、チップセットの接続に関する米国インテル社の呼称。アクセラレーテッド・ハブ・アーキテクチャとも言います。

インテル製の400番台のチップセット(Intel 440BX、Intel 440ZXなど)では、各チップ間を汎用のPCIバス(最大データ転送速度は133MB/秒)で接続していました。しかし800番台のチップセットからは、インテル社独自バスでの接続(ハブインターフェイス)となり、最大データ転送速度が266MB/秒に引き上げられました。このしくみをハブ・アーキテクチャーと言います。

2004年に登場したチップセットIntel 925X、Intel 915シリーズからは、2GB/秒の転送速度を可能にするダイレクト・メディア・インターフェイスに変更されました。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)