現在の登録パソコン用語数3,975語

重合トナー(じゅうごうトナー) polymerized toner


重合トナーとは、製造方法において、液体の媒質を使い化学反応を利用して生成したページプリンタトナートナーの製造方法には大きく分けて重合法(重合トナー)と粉砕法(粉砕トナー)の2つがあります。

重合トナーは色素を砕いて粉末状にした粉砕トナーよりも高画質を実現でき、

粉砕トナーの粒は大きさや形状がまちまちで、感光ドラムや用紙の上で転写する際の電気特性にばらつきが出やすく、印刷の表面に定着用のオイルを塗るため、印刷面に過度な光沢があったり、印刷面にペンで文字が記入できないなどのデメリットがあります。

その点、重合トナーは大きさが揃っており、形状も球形に近く、粒径も小さいので、解像度を上げたり、階調感を高めた高画質化が実現できます。また内部にワックスを含ませたものが一般的のため、定着時のオイルは不要でワックスの成分に改良を加えて表面の光沢感を下げ印刷面に文字を記入できるものもあります。技術的に高度のため、生産コストが高くなるのがデメリットです。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)