現在の登録パソコン用語数4,009語

EV SSL(イーブイエスエスエル) extended validation secure sockets layer


EV SSLとは、一般のSSL証明書(サーバー用電子証明書)よりも身元の確認などの一定の基準を設けた厳格な審査によって発行されたサーバー証明書を利用するSSLのこと。

SSLはWebサイトWebブラウザ間の通信の暗号化認証を提供する仕組みです。

従来SSLは、Webサイトがサーバー証明書を持つことで、その実在性を証明するとともに、通信の暗号化を実現していました。しかしながら認証局によってはWebサイトの実在性を検証することなくサーバー証明書を発行することもあり、SSL利用Webサイトには、実在性を検証されているサイトと、検証されていないサイトの2種類が実存していました。
そこで2005年から業界団体「CAブラウザーフォーラム」は「より厳密な統一された審査基準に基づく証明書」の必要性を訴求しその仕様を策定し、認証局の一部で2007年からEV SSL用証明書の提供を開始しました。

近年、主だったWebブラウザはEV SSLに対応済み(Internet Explorer 7以降、Firefox 3以降、Opera 9.5以降など)で対応しているWebブラウザでEV SSL対応サイトにアクセスするとアドレスバーが緑色になるなどして、通常のSSLサイトと差別化されています。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)