現在の登録パソコン用語数3,872語

DRAM(ディーラム) Dynamic Random Access Memory


DRAMとは、コンピュータメインメモリなどに使われる半導体記録素子の1つ。

コンデンサの蓄電機能とトランジスタのスイッチ機能を使ってデータを記録することができます。

構造がシンプルで量産がしやすく、また記録密度も高めやすいという特徴がありコンピュータの主記憶装置デジタルテレビデジタルカメラなど多くの情報機器の、内部での大規模な作業用記憶として用いられています。

コンデンサは自然放電するため、記録内容を保つにはリフレッシュという動作が必要になります。これに対してリフレッシュが不要なRAMをSRAM(スタティックRAM)と言い、一般にSRAMは、DRAMよりも消費電力や速度面で優れています。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)