現在の登録パソコン用語数4,078語

Windows 3.1(ウィンドウズさんてんいち) Windows 3.1


Windows 3.1とは、米国マイクロソフト社のパソコン用のOS。英語版は1992年4月、日本語版は1993年5月に発売されました。マルチタスクOSと言ううたい文句でしたが実際はMS-DOS上で動作する疑似マルチタスクでした。しかし日本だけではなく世界中で爆発的に普及して、パソコンOSにおいてWindowsデファクトスタンダードにしました。

バージョンのWindows 3.0で問題点であったプログラムマネージャファイルマネージャの使い勝手を向上させ、TrueTypeフォント日本語入力ソフトMS-IMEを標準で備えており、更にアプリケーションソフトの間でデータを連携して処理するOLE、音声や動画再生などのマルチメディア機能も備えていました。

16ビットCPUを前提にした設計のため、メモリを十分に搭載したパソコンでもメモリ不足になりがちでした。またMS-DOSと同じく使えるファイル名は半角で8文字と拡張子3文字と規制がありました。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)