現在の登録パソコン用語数4,042語

顔料系インク(がんりょうけいインク) pigment ink


顔料系インクとは、着色に用いる粉末を溶媒に分散させたインクで、粉末の粒子が大きくプリンタ専用光沢紙の表面にくっつき、紙の内部まで浸透しません。そのため滲まず耐水性・耐熱性・耐光性に優れ、長時間経過しても色あせがしにくい。欠点は色素が用紙の表面で固まるため、光沢紙への印刷では光沢が出にくい点。

インクジェットプリンタにおいて、文字などの読みやすい点を考慮して黒のみ顔料系インクを使っている機種が多い。

レーザープリンタトナーなどでも顔料系インクは利用されています。

類似したインクに染料系インクと言うのもあります。こちらは紙の繊維質の内部まで浸透するため、色調グラデーション)や発色が綺麗に再現でき、光沢紙への印刷に適しています。欠点は水にあまり強くなく紙に印刷した場合、紙が濡れると滲みやすい点。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)