現在の登録パソコン用語数3,940語

加法混色(かほうこんしょく) additive mixture


加法混色とは、パソコンバックライト液晶ディスプレイなどのように、自ら発光するものの色を表現する方法。

加法混色においては色を重ねるごとに明るくなり、三原色RGB(赤、緑、青)を重ねると白色になります。

類似した用語に減法混色と言うのがあります。減法混色イエロー(Y)・シアン(C)・マゼンタ(M)の3つの色を組み合わせて表現する方法です。

減法混色は、加法混色とは逆で色を重ねるごとに暗くなり、すべてを混ぜると黒(黒に近い色)になります。

イエロー(Y)・シアン(C)・マゼンタ(M)の3色は色料の三原色とも言い、プリンタなどの印刷関連で用いられている色です。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


加法混色
加法混色

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)