現在の登録パソコン用語数4,007語

DLL(ディーエルエル) dynamic link library
動的リンクライブラリ

DLLとは、Windowsプログラムファイルの1種でdynamic link libraryを略したもの。様々なプログラムから利用することができる汎用性の高い機能を収録したライブラリのこと。動的リンクライブラリとも言います。

DLLは複数のプログラムで共通に使う関数データをひとまとめにしておいて、プログラムを実行する際にこれを呼び出して使うソフトウエア技法、もしくは、その関数データを集めたファイル自体のこと。

DLLを使うと、複数のプログラムで同じコードを記述する手間が省け、修正もDLLファイルを変更するだけで一括で変更される。しかし注意しないとDLLファイルの変更が要因で、プログラムが動作しなくなってしまうこともあります。

DLLファイルは末尾にdllという拡張子が付くことが多い。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


DLLについての説明 3件

ダイナミックリンクライブラリ - Wikipedia
ダイナミックリンクライブラリ (Dynamic Link Library: DLL、動的リンクライブラリ)は、ソフトウェアの一種。動的リンクを使ったライブラリのこと。 複数のプログラムから共通に利用できるように種々の機能をプログラムとは分離させた ...

dll > dllの見方 > VisualStudio Tools > dumpbin > dumpbin ...
dllの置いてあるディレクトリに移動する そこで dumpbin /exports DLL名 を入力すると出力される。 Visual Studio 2015 Community Editionで該当ツールの実行方法がわからなかったので、以下のようにした。 エクスプローラーで.dllファイルが ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)