現在の登録パソコン用語数3,940語

USBマスストレージクラス(ユーエスビーマスストレージクラス) USB mass storage class
USBストレージクラス / ストレージクラス対応USB

USBマスストレージクラスとは、接続されたUSB機器を記憶装置として認識して制御するドライバプログラムの一つ。USB接続された周辺機器を外部ドライブとして認識します。「USBストレージクラス」「ストレージクラス対応USB」などとも言います。

USBマスストレージクラスに対応しているデジタルカメラの場合、パソコンとUSBケーブルでつなぐだけでデジタルカメラ内部にあるメモリカードパソコンの外部ドライブとして認識します。つまり通常必要な写真画像取り込み用のアプリケーションがなくてもファイルの操作ができるようになります。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


USBマスストレージクラスについての説明 3件

【マスストレージクラス】
【マスストレージクラス】 USBストレージクラス USBマスストレージクラス USB 方式でパソコンに外付けハードディスクなどを接続して、データをやりとりするための規格。正式には、USBマスストレージクラスだけど、USBストレージクラス ...

USBフラッシュドライブ - Wikipedia
概要 USB規格には、USB Mass Storage Class(USBマスストレージクラス)という補助記憶装置を接続するための仕様があり、このクラスに対応した機器およびオペレーティングシステム (OS) であれば、特別なドライバを改めてインストールする ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)