現在の登録パソコン用語数3,849語

EMS(イーエムエス) expanded memory specification
LIM-EMS

EMSとは、expanded memory specificationの略でMS-DOSパソコン時代に使われていたメモリー拡張手法の一つ。

MS-DOSはプログラムデータの領域として640KBしか利用できないという制限がありました。この制限を超えたメモリを扱えるようにするために、1985年に米国ロータス・ディベロップメント社(現在は米国IBMの一部門)、米国インテル社、米国マイクロソフト社が共同で提唱しました。提唱した3社の頭文字を付けてLIM-EMSとも言いました。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


EMSについての説明 4件

EMS (製造業) - Wikipedia
製造業におけるEMS(イーエムエス)とは、英語の electronics manufacturing service の略であり、電子機器の受託生産を行う ... 概要 製造業務に特化したいわゆる下請けとは異なり、EMSは契約を基に量産規模でのロット生産業務を担う点 ...

環境マネジメントシステム(EMS)
環境マネジメントシステム(EMS) 環境マネジメントシステムとは 環境マネジメントシステムは、EMS(Environmental Management System)とも言われ、「全体的なマネジメントシステムの一部で、環境方針を作成し、実施し、達成し ...

EMSとは (Expanded Memory Specification) イーエムエス ...
EMSとは、MS-DOSを用いたコンピュータシステムの、メモリ拡張仕様の1つである。EMSは、Intel、Microsoft、Lotus(現在はIBMの一部門)の3社によって、1985年に共同提案された。EMSでは仮想記憶システムを実現するページングという ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)