現在の登録パソコン用語数3,977語

インターリーブ【 interleave
インターリービング

インターリーブとは、メインメモリなどへのアクセスを高速化するための手法。インターリービングとも言います。

インターリーブは計算機科学と電気通信において、データを時間や空間などの何らかの物理的な広がりに対してわざと不連続にデータを配置する手法。

メインフレームサーバーなどでよく用いられ、DRAMを複数のグループに分けて、各グループに交互にアクセスさせ、見かけ上のメモリへのアクセス速度を向上させます。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


インターリーブについての説明 4件

インターリーブ - Wikipedia
インターリーブまたはインターリービング(英: Interleaving)は計算機科学と電気通信において、データを何らかの領域(空間、時間、周波数など)で不連続な形で配置し、性能を向上させる技法を指す。 主に以下のような用途がある。

インターリーブ - インターリーブの概要 - Weblio辞書
インターリーブ インターリーブの概要 主に以下のような用途がある。誤り検出訂正に使う。特にデータ転送、ディスク・ストレージ、記憶装置など。共通の媒体への複数の入力の多重化に使う。電気通信では動的帯域割当機構を ...

インターリーブの英語・英訳 - 英和辞典・和英辞典 Weblio辞書
インターリーブを英語に訳すと 文法情報(名詞)対訳 interleave - 約1020万語ある英和辞典・和英辞典。発音・イディオムも分かる英語辞書。 ... Weblio専門用語対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成している ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)