現在の登録パソコン用語数4,006語

WEP(ウェップ) wired equivalent privacy


WEPとは、無線LANで通信を暗号化するための機能のこと。WEPとはwired equivalent privacyの頭文字を取ったものです。IEEE 802.11規格で標準化されていて普及しており、多くの無線LAN機器が搭載しています。

WEPは米国RSAセキュリティ社が開発した共通鍵(秘密鍵)暗号方式の暗号化アルゴリズムであるRC4がベースとなっています。

無線LANは電波を使ってメッセージを送信するので、有線LANに比べて比較的容易に盗聴ができてしまいます。そこでWEPのような暗号化が必要になります。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)