現在の登録パソコン用語数4,138語

USBビデオクラス(ユーエスビービデオクラス) USB video class


USBビデオクラスとは、USB 2.0の規格を拡張したもので、家庭向けビデオカメラやWebカメラなどの映像機器を、USBでパソコンに接続するための規格のこと。

2003年9月にUSB Implementers Forum(USB-IF:USB規格の標準化団体)がUSB Video Device Classとして策定しました。

ビデオカメラ機器を1つのクラスに定義したためドライバー構造が単純化し、OSが提供する上位層のクラスドライバーと互換性を持つことができました。よって機器メーカは機器固有のミニドライバーを提供するだけでよくなり、機器の開発が容易になりました。

以前のビデオカメラはIEEE 1394で接続していたため、USBで接続する際に各メーカが機種ごとに独自のドライバーを開発・提供する必要がありました。

USBビデオクラスによってMPEG-2、MPEG-4、Motion-JPEG、DVなどの圧縮データや非圧縮データを、USBを通じて転送することが実現しました。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)