現在の登録パソコン用語数4,061語

HSDPA(エッチエスディーピーエー) high speed downlink packet access
3.5G

HSDPAとは、high speed downlink packet accessの略で第3世代携帯電話の通信方式の1つのW-CDMAを拡張して、局から端末への下り方向の通信を高速化する規格のこと。

第3世代移動通信システム3G)の改良版のため、3.5Gとも言います。

日本国内ではNTTドコモが2006年8月に、ソフトバンクモバイルが同年10月にそれぞれサービスを開始しました。2007年3月に携帯電話サービスを始めたイー・モバイルは、当初から全基地局・全端末をHSDPA対応としています。

HSDPAは下りについては電波の干渉を回避するため、短い時間単位で各端末に電波を割り振ります。基地局に近い場所に端末が存在すれば、1つの信号ブロックで送れる情報量を増やして高速にします。

HSDPAの速度は下り最大14.4Mbpsです。日本国内の商用サービスとしては、下り最大3.6Mbpsまたは7.2Mbpsとなっています。またHSDPAのエリア外においては、通常のW-CDMAによるデータ通信を使うことができます。

HSDPAはKDDIau)が既に実用化しているCDMA2000 1x EV-DOと類似の技術ですが、1x EV-DOが周波数幅1.25MHzなのに対してHSDPAは5MHzと広く、しかも1x EV-DOがデータ通信に特化しているのに対して、HSDPAは音声とデータを共用しているなどの異なる点があります。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)