現在の登録パソコン用語数4,042語

USBウイルス(ユーエスビーウイルス) USB virus


USBウイルスとは、USBメモリなどを経由して感染を拡散するタイプのコンピューターウイルスUSBメモリを接続する際に自動で実行されるWindowsの自動再生機能を利用して感染します。

Windowsで自動再生機能を有効にしていると、USBメモリやCD-ROMなどの記憶装置に、Autorun.infという名前のファイルがある場合、そのファイルに記述してあるプログラムを自動的に実行します。自動再生機能を無効にしていても、ダブルクリックなどの操作で実行されます。

USBウイルスは感染先のUSBメモリに、自分自身をコピーするだけでなく、自分自身を実行するように設定したAutorun.infもコピーします。そして自動再生が有効になっているパソコンでは、感染したUSBメモリを挿しただけで、ウイルスが実行され感染してしまいます。

感染するとWindows が正常に動作するために必要なシステムファイルを破壊されたり、パソコンに保存されているIDパスワードなどの各種アカウント情報が盗まれたり、他のウイルスをダウンロードさせられたりします。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)