現在の登録パソコン用語数4,063語

プレースホルダ【 placeholder
プレースフォルダ

プレースホルダとは、正式な値が入るまで一時的に場所を確保した場所のこと、もしくはその措置や標識などのこと。パソコン用語では下記2つの意味で使われることが多い。

1)プログラミングにおいて、式や命令文などの一部にユーザの入力値など実行時に外部から与えられる要素を反映させる場合に、それが入る仮の場所や、それを表す特殊な記号や識別子などのこと。

2)エディタソフトなどの文書の編集において、あるページに写真を掲載することは決まっており、実際の画像データが入手するまでの、仮の四角い空白領域を作り「ここに写真○○を貼る」などとメモを記すこと。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


プレースホルダについての説明 2件

プレースホルダとは - はてなキーワード
「プレースホルダ」とは - 文字列の一部を他の文字列に置換する代替物。 例として、JDBCのPreparedStatementクラスでSQL文の中に記述するものを示す。 JDBCのPreparedStatementを使った場合、以下のSQL文の?の部分が...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)