現在の登録パソコン用語数4,042語

手書き文字認識(てがきもじにんしき) handwritten character recognition


手書き文字認識とは、人間が筆記した文字を認識するコンピュータの機能のこと、もしくはその技術のこと。

入力方法としては、タッチペンと感圧パッドでの入力タッチパネルでの入力、紙に手書きした文書を取り込むなどが該当します。

電子手帳など携帯用の情報機器ではタッチペンと感圧パッドなどを使って、リアルタイムに筆跡をとらえる方式が一般的です。

タッチパネル付き液晶ディスプレイを搭載したタブレットPCや一部の携帯情報端末などは手書き文字認識に対応しています。

スキャナーで手書きした文字原稿を読み取って判別する方式もありますが、筆順に関する情報がないので、タッチペンやタッチパネル方式で文字を書いて認識する方法にに比べ認識率が落ちます。

タッチペンやタッチパネル方式の様にリアルタイムに書いた文書を入力する方式を「オンライン手書き文字認識」、事前に紙に書いたものを光学スキャンして取り込む方式を「オフライン手書き文字認識」と区別して呼ぶ場合もあります。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)