現在の登録パソコン用語数3,870語

PC2001(ぴーしーにせんいち) PC2001


PC2001とは、パソコン用語では下記2つの意味で使われることが多い。

1)PC 2001 System Design Guide
Windowsパソコンの仕様に関するガイドライン。2000年11月に米国マイクロソフト社と米国インテル社が中心となって、バージョン1.0が発表されました。Windows MeやWindows 2000の利用を前提にしており、正式名はPC 2001 System Design Guideと言います。
パソコンをデスクトップワークステーションモバイルに分けて仕様を策定しました。旧来のISAバスやシリアル、パラレル、PS/2の各端子などのインタフェースを廃止しました。デジタルインタフェースのディスプレイ接続にはDVI規格を採りいれEasyPCを策定し、USBを使う拡張性などを盛り込んでいました。

2)PC-2001
現在のノート型パソコンの基の基になったハンドヘルド型コンピュータの1つ。NECから1982年に発売されました。用途は専用ソフトが少なかったこともあって、バーコードリーダーを接続してデータ収集機として使うことが主でした。ポケットコンピュータで、大きさは葉書と同サイズ。CPUにはμPD7907が使われており、文字行は液晶画面2行のみの表示でした。プリンタには PC-2021が用意され、本体とプリンタ両方を合わせても1kg程度と軽量でした。内蔵BASICはN-BASICとの互換性も高く、収集したデータを上位機で使うことができました。




参考になった2参考になった方はボタンを押してください  


さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)