現在の登録パソコン用語数4,009語

SDRAM(エスディーラム) synchronous DRAM


SDRAMとは、コンピュータメインメモリに使われていたメモリ製品の規格DRAMの一つ。シンクロナスDRAMとも言います。

外部バスインターフェースが一定周期のクロック信号に同期して動作することが特徴で、 66MHz、100MHz、133MHzの外部クロック同期して動作しました。

EDO DRAMに代わってパソコン用メモリの標準になりPentium III搭載機などで主流でした。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


SDRAMについてのQ&A

パソコンのメモリーを交換したい 何でもパソコン&スマホ110番
富士通FMV−830MTという少し古いMT3GTB X86ベースのノートですが、メモリーを256MB(PC-2100 DDR-SDRAM)を512MBか、1GBに差し替えるしかないのですが、適合する今現在売られているメモリーが分かりま...


SDRAMについての説明 1件

SDRAM - Wikipedia
SDRAMのコンセプトは1970年代には既に知られており、インテルの初期のプロセッサでも使われていたが、広く使われるようになったのは1993年以降のことである。1993年、サムスン電子がSDRAMチップ KM48SL2000 を導入。性能がよいため ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)