現在の登録パソコン用語数3,975語

マクロ撮影(マクロさつえい) macro photography


マクロ撮影とは、通常のズームレンズよりも被写体に近づいた状態にして被写体を大きく撮影すること、もしくはカメラで非常に小さいものを大きく撮影すること全般を意味します。

デジタルカメラの多くは、マクロレンズを使ったり、マクロモードに切り替えることで、至近距離での撮影が可能になります。

ズームだとF値の最小が限定されていたり、ボケがキレイにでなかったりすることがありますが、マクロレンズではF値もかなり小さくできたり、またボケもキレイに写す事ができるものもあります。

マクロモードの目印はチューリップマークで、どこまで被写体に寄って撮影できるかは、そのカメラの最短撮影距離で分かります。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


マクロ撮影についての説明 2件

Wikipedia:百科事典向け写真撮影のガイド/接写 (マクロ撮影 ...
参考:いくつかのコンパクトデジタルカメラの最短撮影距離 機種 最短撮影距離 マクロモードの有無 マクロモードでの最短撮影距離 カシオ EXILIM EX-M1 1メートル なし キヤノン IXY DIGITAL 60 30センチ あり 通常時3センチ 最大ズーム時30センチ

マクロ撮影とは - IT用語辞典 Weblio辞書
マクロ撮影とは?IT用語辞典。 読み方:マクロさつえい【英】macro photographyマクロ撮影とは、被写体を至近距離から撮影するためのモードのことである。主にデジタルカメラに備わる機能のひとつで、いわゆる接写の同義語。「マ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)