現在の登録パソコン用語数4,005語

WDF(ダブリュディーエフ) Windows Driver Foundation


WDFとは、デバイスドライバーの開発をシンプルにすることを目的としたドライバーモデル。Windows Vistaから採用されるようになりました。

2種類(カーネルモードとユーザーモード)の基本的な機能のソフトウエア部品(フレームワーク)を持っています。

開発者は、デバイスドライバーの種類に応じてどちらかのフレームワークを使い、独自に提供すべき機能だけを開発すればよいという利点があります。

オブジェクト指向を基本とするプログラミングモデルを採りいれており、高水準のプログラミング言語によるドライバー開発を可能です。




参考になった2参考になった方はボタンを押してください  


WDFについての説明 1件

WDF - Wikipedia
WDF Windows Driver Foundation World Darts Federation このページは曖昧さ回避のためのページです。一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。お探しの用語に一番近い記事 ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)