現在の登録パソコン用語数4,110語

Macsyma(マクシマ) Macsyma


Macsymaとは、科学者や数学者などが数値計算を行う際に使う数式処理システムソフト

世界初の数式処理システムで、1968年から1982年までMITの Project MAC の一環として開発され、その後商用化されました。

多項式の因数分解、行列の操作などの複雑な計算ができ、三角法、微分積分学、代数学、数値解析、グラフィックスなどの処理機能を持っていました。

初期のエキスパートシステムの1つで、その様々なアイデアが後の Mathematica や Maple といったシステムに大きな影響を与えました。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


Macsymaについての説明 2件

Macsyma - Wikipedia
Macsyma (Project MAC’s SYmbolic MAnipulator [1]) は、1968年から1982年までMITの Project MAC の一環として開発された数式処理システムであり、その後商用化された。世界初の数式処理システムで、初期のエキスパートシステムの1 ...

Macsyma - Macsymaの概要 - Weblio辞書
Macsyma Macsymaの概要 「Maxima」とは異なります。目次1 開発1.1 商用化1.2 Macsyma, Inc.2 入手可能なバージョン3 脚注4 外部リンク開発1968年7月、カール・エンゲルマン[2]、ウィリアム・A...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)