現在の登録パソコン用語数4,006語

WCF(ダブリュシーエフ) Windows Communication Foundation


WCFとは、Windowsプログラム間通信機能の名称。サービス指向アプリケーションを構築するためのフレームワークで、Webサービス技術を使ったシステム間通信の手段を提供しています。

WCFを使うと1つのサービスエンドポイントから別のサービスエンドポイントに非同期メッセージとしてデータを送信することが可能です。

開発コード名はIndigoで、Windows Vistaから採用されているAPI.NET Framework 3.0でサポートされています。.NET Framework 3.0は画面描画機構WPF(Windows Presentation Foundation)もサポートしています。

Windows XPやWindows Server 2003でも、.NET Framework 3.0のランタイムインストールすれば利用することができました。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)