現在の登録パソコン用語数4,061語

SD(エスディー) super density


SDとは、現在普及しているDVD規格の前身としてあった大容量光ディスク規格。

1995年に松下電器産業(現パナソニック社)、東芝、日立製作所、パイオニア、米国タイム・ワーナー、米国MCA、仏国トムソン・マルチメディアと言う日米欧の家電、映画、メディア企業7社が中心となってまとめました。

2枚のディスクを表裏一体にして張り合わせた構造で、記憶容量は基本フォーマットの場合、片面当たり5GB、両面に記録することで10GBの大容量が実現できました。可変データ転送方式の採りいれており、最大約10Mbps、平均4.75Mbpsのデータ転送が可能でした。

1995年9月、ソニーなどが提唱していたマルチメディアCDMMCD)規格と統合されて、DVD規格になりました。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)