現在の登録パソコン用語数3,849語

オブジェクト指向データベース(オブジェクトしこうデータベース) object-oriented database
OODB

オブジェクト指向データベースとは、オブジェクト指向プログラミングデータ構造および概念を取り入れたデータベース

データが表の形式で格納されているリレーショナルデータベース(RDB)に比べて、データそのものと、そのデータの処理方法をひとつのオブジェクトとしてデータベースに格納しているので、複雑なデータ構造の管理に向いており、高速に処理することが可能であると言われています。またテキスト、画像、音声ファイルなどの異なる種類のデータを一元的に管理できます。

オブジェクトデータベースの多くは、C++やJavaなどのオブジェクト指向プログラミング言語と密接に連携しており、オブジェクト指向プログラミング言語と同じデータモデルを採用することにより、それらの言語で書かれたアプリケーションとの間でオブジェクトを共有することができます。

オブジェクト指向データベースを扱うためのデータベース管理システムは、主にオブジェクトデータベース管理システム(ODBMS)と言われており、代表的なODBMSの製品としてはCachéやObjectStoreなどがあります。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)