現在の登録パソコン用語数4,061語

マイクロフォーサーズ【 Micro Four Thirds


マイクロフォーサーズとは、2008年8月にオリンパスイメージングとパナソニックが発表した、レンズ交換式デジタルカメラ仕様規格。通常のフォーサーズと同じ4/3インチサイズの撮像素子を使いながら、薄型化と小型化を実現しました。

一眼レフカメラは、マウントと言うレンズの取り付け部分と撮像素子の間に可動式ミラーがあります。マイクロフォーサーズは、この可動式ミラーを省いて、マウントと撮像素子との間隔を約20mmに短縮したものです。ファインダーには小型の液晶モニターを組み込んで、光学式ではなく電子式で被写体を確認することができます。

2008年8月にパナソニックは対応製品の第一弾としてLUMIX DMC-G1を発売しました。

ちなみにミラーで反射させるレフレックス機構を省いているため、メーカー各社はこの仕様の製品を「デジタル一眼レフ」ではなく「デジタル一眼」と呼んでいます。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)