現在の登録パソコン用語数3,872語

FIFO(フィフォ) first-in first-out
先入れ先出し方式

FIFOとは、一番最初に入れたデータから最初に取り出す方式。先入れ先出し方式とも言い、データを蓄えるバッファーはこの方式で動作しています。

これに対して最後に入れたデータを最初に取り出す方式はLIFO(後入れ先出し方式)、もしくはスタックと言い、CPU内部のレジスター命令や計算結果を格納するときなどに使われます。




参考になった0参考になった方はボタンを押してください  


FIFOについての説明 4件

FIFO - Wikipedia
FIFO(ファイフォ、フィフォ、フィーフォー)はFirst In, First Outを表す頭字語である。先入れ先出しと訳されることがある。 この言葉はキューの動作原理を表すものであり、キューに入っているどんな要素の組に対しても、先に入ったもの ...

FIFOとは 「先入れ先出し」 (First In, First Out) ファイフォ: - IT ...
FIFO フルスペル:First In, First Out 読み方:ファイフォ,フィフォ 別名:先入れ先出し FIFO とは、データの格納と取り出しに関する方式のひとつで、最初に格納したデータから取り出す方式のことである。 FIFO は、キュー(queue)と呼ばれる ...

FIFOの意味 - 英和辞典 Weblio辞書
FIFOの意味や和訳。 first in, first out. - 約1019万語ある英和辞典・和英辞典。発音・イディオムも分かる英語辞書。 ... Weblio専門用語対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることも ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)