現在の登録パソコン用語数4,061語

NAPT(ナプト) network address port translation


NAPTとは、LANの内側だけを対象にしたプライベートIPアドレスインターネット用のグローバルIPアドレスを変換する仕組みの1つ。IPマスカレードとも言います。

TCP/IPを使ったイントラネットLANを構築した場合などに、LANの内部だけで自由に割り当て可能なプライベートIPアドレスを利用することができます。しかし、プライベートIPアドレスのままではインターネットに接続できないので、NAPTを使って変換しグローバルIPアドレスが割り当てられるようにします。

NAPTでは1つのグローバルIPアドレスで複数の端末が同時にインターネットにアクセスできます。

外部不正アクセスを遮断するためのルーターなどに搭載されている簡易ファイアウオールのことをNAPTと言う場合もあります。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


NAPTについての説明 2件

ネットワークアドレス変換 - Wikipedia
また、IPアドレスに加え、ポート番号の変換も行うものをNAPT(Network Address Port Translation 、またはIPマスカレード)と呼ぶ。今日では、NATと言えばNAPTのことを指すのが一般的である。(#NATとNAPTも参照) 技術の概要 や ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)