現在の登録パソコン用語数4,061語

JIS X 0213(ジスエックスゼロにいちさん)


JIS X 0213とは、規格名称は「7ビット及び8ビットの2バイト情報交換用符号化拡張漢字集合」です。2000年に制定されました。JIS X 0208を補完する4344文字を定義しています。

収録されている文字は人名で使われている漢字、丸付き数字、アイヌ文字、歯科用記号などがあります。2004年2月に改定して、JISが字形の参考として示す例示字形に168字を変更しました。




参考になった0参考になった方はボタンを押してください  


JIS X 0213についての説明 3件

JIS X 0213 - Wikipedia
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。 JIS X 0213(ジス X 0213)はJIS X 0208:1997を拡張した、日本語用の符号化文字集合を規定する日本工業規格 (JIS) である。

日本工業標準調査会:データベース-JIS詳細表示
JIS詳細表示 規格番号 JISX0213 規格名称 7ビット及び8ビットの2バイト情報交換用符号化拡張漢字集合 英文名称 7-bit and 8-bit double byte coded extended KANJI sets for information interchange 主務大臣 経済産業 主務大臣 制定 ...

JIS X 0213 - JIS X 0213:2012の改正 - Weblio辞書
JIS X 0213 JIS X 0213:2012の改正 2010年11月30日の常用漢字表改定に対応して、引用例の変更、附属書12の追加がなされた[1]。参考文献『JIS X 0213:2000 7ビット及び8ビットの2...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)