現在の登録パソコン用語数4,110語

J-Moss(ジェイモス)


J-Mossとは、電子機器製品における有害物質の含有の有無を示すマーク

欧州委員会が制定したRoHS指令に同調して、経済産業省が日本工業規格JIS)の1つとして制定しました。

2006年7月1日以降に製造、輸入する電子機器は、有害物質を基準値を超えて含むものにはオレンジの「含有マーク」を外箱、筐体、説明書などに張ることとWebサイトで含有状況の情報を公開することを法律で義務付けられています。

対象となる有害物質の種類や含有量の基準は、基本的にRoHS指令と同じで、マークの対象製品はパソコン、テレビ、エアコンなど電子機器7品目です。欧州と違い有害物質を含む機器も販売可能ですが、消費者が店頭で商品を選ぶ際に確認できるようになっています。
対象の7品目は、有害物質を含まないことを示す「J-Mossグリーンマーク」を任意で使うことも認められています。




参考になった0参考になった方はボタンを押してください  


J-Mossについての説明 2件

J-MOSS - Wikipedia
J-MOSS(ジェイモス)は、JIS C 0950の通称であり、正式名称を「電気・電子機器の特定の化学物質の含有表示方法」という。日本版RoHS指令とも目されている。

ここが知りたいRoHS指令|J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]
RoHS指令は製品への特定有害物質の含有制限ですが、資源有効利用促進法では特定の化学物質が最大許容濃度以上含有する場合、省令で「情報の提供はJIS C 0950による」としてJ-Mossによる表示が義務化されています。J-Mossとは ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)