現在の登録パソコン用語数4,063語

Javaアプレット(ジャバアプレット) Java applet


Javaアプレットとは、Javaで作成して、サーバーからネットワークを通じてクライアントダウンロードしてWebブラウザー上で実行することができるソフトのこと。Java VMを備えているWebブラウザ実行することができます。

セキュリティ強化のため、ダウンロードしたJavaアプレットは基本的にユーザー側のコンピューターのファイルを読み書きすることができなかったり、他のアプリケーションを起動できないなどの制限がJavaの規約で定められており、最初にJavaアプレットが置かれたWebサーバーのみでデータの読み書きが可能です。

Webサーバーからダウンロードして実行できる機能を悪用して、パソコン上で不正な動作をするJavaアプレットもあり、これに対処するため、ウイルス対策ソフトには不正なJavaアプレットをチェックする機能を備えています。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


Javaアプレットについての説明 4件

Javaアプレット - Wikipedia
Javaアプレット(Java Applet)は、ネットワークを通してWebブラウザに読み込まれ実行されるJavaのアプリケーションの一形態。最初の実装は1995年に公開されたHotJavaへのもので、その後1996年にNetscape Navigatorに搭載されたことで普及 ...

Javaアプレット・サンプル集 - Welcome to sakkun's Web Server
GUIを構成する基本的な部品の形やその動きを観察してみてください。 アプレット内でマウスをクリックしたり,ドラッグするとそれに応じて 一部動作するようにしてあります。 実行する ソースを見る 04 sample04 GUIの基本 実行時に ...

アプレットとは (applet): - IT用語辞典バイナリ
アプレットとは、あるアプリケーションを土台とし、その上で読み込まれ実行される小さなプログラムのことである。代表的なアプレットとしては、Webブラウザを土台とし、その上で動作するJavaアプレットを挙げることができる。

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)