現在の登録パソコン用語数4,108語

互換機(ゴカンキ) compatible machine


互換機とは、特定メーカーのコンピュータ向けに作られたソフトウェアハードウェア周辺機器)をそのまま使えるように他のメーカーが考慮して製作したコンピュータのこと。

元となるメーカーがオープンアーキテクチャを採用してイニシアティブリーダーとして普及するために互換機を容認または推進している場合があります。

代表的なものに米国IBM社のコンピュータのIBM PC/AT互換機があります。PC/AT互換機は日本でも1990年に日本語仕様の「DOS/V」というOSオペレーティングシステム)を搭載した「DOS/Vマシン」として各社が互換機を販売し、広く普及しました。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


互換機についての説明 4件

互換機 - Wikipedia
互換機(ごかんき)は、コンピュータやゲーム機などにおいて、元となる製品に他社メーカーが互換性を持たせて設計・製造したハードウェアを言う。コンパチ機(Compatible machine)とも呼ばれるが、この呼び方は最近ではあまり聞かれない。

互換機 - 互換機の概要 - Weblio辞書
互換機 互換機の概要 元となる製品のメーカーと著作権侵害などで訴訟となるケースもあるが、クリーンルーム設計により合法性を確保しているもの、逆に元となるメーカーがオープンアーキテクチャを採用して普及のために互換機を ...

AT互換機とは (エーティゴカンキとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
AT互換機とは、IBM PC/ATの互換機およびそれを発展させつつも互換性を維持したパソコンの総称である。 現在、Windowsパソコンと呼ばれる製品のほとんどがこれに該当する。 概要...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)