現在の登録パソコン用語数4,026語

アプリケーション間連携(アプリケーションかんれんけい) application interoperability


アプリケーション間連携とは、複数のアプリケーション間でデータを動的にやり取りする機能のこと。


表計算ソフトで作成したグラフをワープロの文書に貼り付けた後、表計算ソフトのグラフの数値を変更すると、ワープロ文書中のグラフも自動的に変更され反映されます。

Windowsでは、1988年に登場したWindows 2.0がDDEという機構でこの機能を実現しており、Windows 3.1ではこれがOLEに発展しました。DDEが異なるアプリケーションで作成したデータを利用して1つの文書を作成することを目的としていたのに対して、OLEでは、あるアプリケーション内で別のアプリケーションの機能を呼び出すことによって利用します

その後インターネット環境への対応も兼ねて、OLEはActiveXへと進化していきました。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)