現在の登録パソコン用語数4,042語

グラフィックスソフト【 graphics software


グラフィックスソフトとは、コンピューターを使って図形や画像の作成することができるソフトビットマップ(ラスターデータ)を使うソフトと、ベクターデータを使うソフトに大別できます。しかし多くのグラフィックスソフトは両方の機能を備えています。

ラスターデータを扱うソフトにはペイントソフトフォトレタッチソフトなどがあり、画像をドットもしくはピクセルと呼ばれる点単位で扱います。

ペイントソフトは、ペンや筆で実際に絵を描いているように自由な描画ができるのが特徴ですが、画面の拡大や変形を行うと、境界線部分にギザギザが目立つようになって画質が落ちてしまうというデメリットがあります。

ペイントソフトの主に画像処理の機能を強化したものがフォトレタッチソフトです。画面の明るさや色合いを調整したり、画面をぼかしたり、シャープにしたりするフィルタと言う画像変換の機能を備えており、デジタルカメラスキャナーで取り込んだの画像データなどの部分的な修整や補正、加工に使うことが多い。

ベクターデータを扱うソフトにはドローソフトCADソフトがあります。ベクターデータとは、図形を構成する線の方向や長さを数値や式で管理するデータで、直線の場合、両端の2点の座標と、線の太さといった部分がデータになります。よってドローソフトで図形を描いた場合、拡大、変形しても線がギザギザになることがありません。

ドローソフトの数値データの精度を高め、製図用の機能を盛り込んだものがCADソフトです。平面図から立体図面を表示する機能や、工作機械と連携して製造加工までの作業が可能なNC(数値制御)機能を備えたものがあります。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)