現在の登録パソコン用語数3,640語

被写界深度(ひしゃかいしんど) depth of field


被写界深度とは、被写体にピントを合わせた時、被写体の前後の部分で同時にピントが合う範囲のこと。

この範囲が狭いことを「被写界深度が浅い」と言い、広いことを「被写界深度が深い」と表現します。

被写界深度は、レンズの焦点距離、絞り値(F値)、撮影距離の3つの要因で決まります。
焦点距離が長いレンズでは被写界深度は浅くなり、短いレンズでは深くなります。

またレンズの絞り値が小さくなればなるほど、被写界深度は浅くなり、大きくすればするほど被写界深度は深くなります。

撮像素子は大きければ大きいほど浅くなります。コンパクトなデジタルカメラ撮像素子が小さいので、望遠側で絞りを開けてもあまり大きなぼかし効果を出すことができません。しかし撮像素子が大きい一眼レフデジカメは背景を大きくぼかす撮影ができます。

建物を背景に記念撮影をする場合、被写界深度を深くして人物と建物の両方にピントを合わせて撮影します。背景より人物を目立たせたい場合などには被写界深度を浅くして撮影すると背景をぼかすことができます。




参考になった2参考になった方はボタンを押してください  


さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2017 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)