現在の登録パソコン用語数3,872語

CDPD(シーディーピーディー) cellular digital packet data


CDPDとは、アナログ携帯電話の通信網をそのまま使って、パケット交換方式のデジタル無線データ通信を可能にする通信サービス。

1992年に米国の一部地域で商用化されました。米IBM携帯電話会社数社が共同で技術規格を策定しました。




参考になった0参考になった方はボタンを押してください  


CDPDについての説明 4件

CDPD - Wikipedia
CDPD(Cellular Digital Packet Data)は、AMPS規格の携帯電話が通常使っている帯域(800MHzから900MHz)のうち使われていない帯域幅をデータ転送に利用する方式。転送速度は最大で19.2kビット毎秒である。 1990年代初期に開発 ...

慢性閉塞性肺疾患(COPD)基礎知識|ぜん息などの情報館 ...
慢性閉塞性肺疾患(COPD)基礎知識 COPDの基礎知識と、患者さんが病気と上手につき合い、症状を悪化させないよう自己管理するための情報をまとめています。効果的な呼吸方法や運動方法については、動画もご用意しています。

CDPDとは? - 辞典・百科事典の検索サービス - Weblio辞書
CDPDとは? CDPD(Cellular Digital Packet Data)は、AMPS規格の携帯電話が通常使っている帯域(800MHzから900MHz)のうち使われていない帯域幅をデータ転送に利用する方式。...

COPD(慢性閉塞性肺疾患)情報サイト GOLD-jac.jp
COPD(慢性閉塞性肺疾患)に関する正しい知識の普及をになう一般社団法人 GOLD日本委員会のホームページです。 ... 階段の上り下りなど体を動かしたときに息切れを感じたり、風邪でもないのにせきやたんが続いたりすることがCOPDの ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)