現在の登録パソコン用語数3,872語

インタープリタ【 interpreter
インタプリタ

インタープリタとは、通訳の意味。パソコン用語ではソースプログラム機械語逐次変換しながら実行する言語プロセッサを意味します。

高級言語によるソースプログラムの命令を1つずつ解釈しそれに対応してインタープリタが持つ機械語のサブルーチンを実行します。

メモリ効率は優れていますがプログラム処理速度コンパイラと比較すると遅くなります。しかしオブジェクトコードを生成しないため開発途中でプログラムの実行と修正を繰り返す様なデバック作業には適しています。




参考になった1参考になった方はボタンを押してください  


インタープリタについての説明 5件

インタプリタ - Wikipedia
改良の結果、古典的な意味での「インタープリタ」と「コンパイラ」の双方の性質を備えたようなインタープリタが登場し、複雑化してきている。 (近年の)インタプリタがおこなう、(旧来の)コンパイラが行っているような変換の ...

コンパイラとインタプリタ
次にインタプリタ用プログラムの長所・短所を考えてみましょう。状況はコンパイラの場合と逆と言えます。まず短所は 実行速度が実行形式のものより遅い 実行に対応するインタプリタシステムが必要 ということになります。

【インタープリタ】
一方のインタープリタ方式は、1行ずつ変換していく分、動きが遅くなる。そのため、比較的小さくて簡単なプログラムに使われることが多い。たとえば、ホームページ上でいろいろな機能を提供しているJavaScriptやCGIは、この方式を ...

インタープリタ型言語とは 「インタプリタ型言語」 (interpreter ...
読み方:インタープリタ がたげんご 別名:インタプリタ型言語,インタープリタ言語,インタプリタ言語 【英】interpreter lnguage インタープリタ型言語 とは、人間が プログラミング言語で記述したソースコードを、コンピューターが ...

さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)