現在の登録パソコン用語数4,043語

Zバッファー(ゼットバッファー) Z buffer


Zバッファーとは、3次元画像の表示に対して隠面処理を行う手法の1つ、もしくはその際に使われるグラフィックスメモリー内の領域のこと。アルゴリズムが簡単なのでハードウエア化しやすいのが特徴です。

3次元画像表示は、視線の手前側の物体に隠れる物体や背景は描画してはならず、Zバッファーによる隠面処理は、グラフィックスメモリー内にドットごとのZ値(奥行き情報)を保持してZバッファー領域を用意して、物体の前後関係を正しく描画することができます。




参考になった0参考になった方はボタンを押してください  


さくいん



カテゴリー

パソコン全般
インターネット
ソフトウェア
周辺機器
スマートフォン
タブレット
ファイル関連
ネットワーク
セキュリティ
特殊技術
単位規格方式
プログラミング
装置媒体
キーフォント
組織企業サービス
iOSアプリ開発
twitter関連
Androidアプリ開発
ソーシャルネットワーク
懐かしい!IT用語


関連用語
ご意見、追加用語希望ありましたら 
 
運営情報  利用規約  プライバシーポリシー
Copyright(C)2000-2018 mobreve.com (当HP及びメルマガ上に掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます)